FC2ブログ





お尻の合わせ目を消したいの。でも消えないの。



プロフィール

夜の騎士

  • Author:夜の騎士
  • 一緒にイキましょう!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



コラボ完了!


みなさんこんばんわ。夜の騎士です。
クリスマスはいかがお過ごしでしたでしょうか?
家族のある方はみんなでケーキを囲んで幸せに。
一人身で彼女もいない方は関係なくモデリング・・・。
人それぞれですな。

さて、画像は完成したリックディアスです。
今までの作品の中でこんなにスジ彫りなんかを彫ったのは初めてでした。
なんとか無事に締切に間に合って当初の予定通り、3人でコラボとなったわけです。

DSC00204.jpg


にゃにゃ坊さんと模吉・狂くんとの3人のコラボでした。
このイベントが3月始め。

そんでFラップ春コンが迫ってきてました。
ところがナニを血迷ったかスケール部門への出品となります。
初めての飛行機でした。
スポンサーサイト




...READ MORE

赤でぶのおまけ?


さて明日はまた寒波。
寒いんでしょうか?最近部屋にファンヒーターが投入されて暖かい環境で自分の時間を満喫しています。

さて続き。

画像は旧キット1:220のリックディアスです。
実はこれMGリックディアスと同じカラーで塗ってます。
茶色はこれに塗ってなんか違うと思い調色しなおしました。
合わせ目消し無し。表面処理無し。のいわゆる同じ形をしたテストピースです。
自分の場合、特に最近SSED系が多かったものですからテストピースは
1:144コレクションシリーズをテストピースに使うことが多いです。
大きさは違えど形はほとんど同じですから雰囲気をつかみやすいわけです。
そこそこのマスキングもします。(パーツ分割悪いから)
手間かかるんで面倒ですがどうしても色の組み合わせをみたい場合は甘い精度ですがマスキングします。
個々にジャンクパーツなんかに吹くよりは確実に完成の雰囲気がわかりますから。
んで、気が向いたらそこそこマスキングして完成させたりします。
ただし完全に塗り分けしませんが。
しかしそこそこ塗り分けたのがこの赤でぶのオマケですわ。
これは3体並べる時のお約束のネタとして
「はい、完成品これ」
これが言いたくてムキになって塗りました。(甘いけど)
デカール配置はまるで厨房センスを狙ったつもりですが・・・。

あ、昨日アップした内容でFラップさんでフィニッシャーズカラーは入らなかったと書きましたが、その後てんちょさんのはからいで今は普通に店頭に置いてありますのでご安心を。
ピュアシンナー・緑のパテ・ウレタンクリアーなんかも揃ってます。
お近くの方はぜひ!
クレオスのカラーを選ぶようにフィニッシャーズのカラーを瓶を見ながら欲しいカラーをチョイスできますよ。


...READ MORE

赤の新兵器


みなさんこんばんわ。夜の騎士です。
12月としては各地は記録的な大雪で大変そうですね。
でもなぜか自分の住んでる地域は雪ないんですよね。(マジで)
でもまた明後日ぐらいにまた寒くなるそうで。
こりゃあ、こもってプでもしてろということですね。

さて、リックディアスの続き。
赤ですわ。実際ホンマどうしたろかと悩んでましたね。
多分設定色に近く塗るのならモンザレッドでしょうか。
でもあれだと朱色に振ってしまいますね。
それはそれでいいのですが面白みがないなと・・・。
やっぱシャインレッドかな。
ちょっと蛍光色混ぜて白で調整したらどうか?
アカン、それではMGストライクやMGウイングと同じで面白みにかける。
それに彩度が少し落ちるし・・・。
と、いうような感じでなんかいい手はないもんかいなと考えてましたわ。
今井氏の作例を誌面で見る限りではかなり発色のよさそうなしかも彩度の落ちてない赤に見えたんですね。
そんな頃、巷で噂のフィニッシャーズカラーをよくネット上で目にしてたんですね。
んでFラップさんで「フィニッシャーズ引けますか?」
「すんません、ちょっと引けないんですわ。」というてんちょの返事。
仕方ないので通販で買うことにしました。
探したら”里見デザイン”さんで買えました。
赤も数色あって、実物みないとわからないのでとりあえず
普通の赤・シルクレッド・ブライトレッドを購入しました。
ついでに隠蔽力が強いと噂の”ファンデーションホワイト”も。
サフ吹きが終わったパーツにFホワイトを塗った時の感動はまだ覚えてますわ。
「なんやこれ。めっちゃ隠蔽力高いやん、すげー」
ただ希釈はいつものように4倍で塗ったのですがまだ薄められる感じでした。
(今は最低5倍は薄めてますね)
んで赤。
3色瓶のフタを開けて見比べました。
ずーっと見てました。
んでテストピースに吹いてみました。一番明るい色はブライトレッドでした。
これに蛍光ピンクを少し混ぜて吹いてみると自分の目指した赤でした。
「これでいこ」簡単に決まりました。
ちなみにシルクレッドはMG自由に使いました。(またこれもいい味出してるのね)
とにかく淡い色味じゃなくてクッキリハッキリでいこうと決めてたので自分的にはこの赤に満足したわけです。
フレームはアホのひとつ覚えのRLM02グレーはやめようと思って調色しましたがちょっと似た感じになりました。
どっちかっていうと薄いココア色かな。最初は変かなと思いましたが最後に組み上げて「ま、こんなモンやろ」という結果になりました。
リックディアスってどこがフレーム色かよくわかりません。
指は本来フレームと思うのですが、足首は指と一緒ですし、でも足首も指もフレームもランナー状態では全部同じ色なんですよね。
でもヒザ・ヒジ関節やスネ内部はこの薄いココア色に塗りました。
そんなこんなでなんとなく塗装も進んでいくわけです。


...READ MORE

赤でぶに苦戦


みなさんこんばんわ。夜の騎士です。
今夜はぱてしえさんトコ行ってました。
数人集まりましたが製作途中のネタもないのでオカズ無しでの集まりでした。
そろそろクリトリス(違)クリスマスですね。
今年のクリスマスはいいことあるんでしょうか?
ケーキの白いクリームよりアソコから出てくる白い蜜を吸いたいです。
ほんのり苦いようで酸っぱい味がたまりません。

さて続き。
画像は一通りディテールを入れ終わった状態です。
穴開いてるのはwaveのOボルトを入れるためです。
どこにプラ板使ったかわかりますね。(少ないけど)
今井風を目指しましたがスジ彫りを本格的にしたのは初めてだったので緊張しながらの作業でした。
ハセガワのラインエングレーバー(黒)だけで彫ってます。
丸い部分(前腕のヤツ)はけがき針ですが、直線はほとんどコレだけでやってます。
このラインエングレーバーって細くてシャープなスジ彫りが彫れるのでお勧めです。
しかし新しいうちは刃がシャープすぎてコツがいります。
少し使い込んでくると若干、刃先も減ってきて最初のアタリがつけやすいかな。
最近は新しいのと古いのを使いわけてます。(テク不足なだけか)
Oボルトは1.5ミリしか使いません。ゆえに他の大きさが全部あまってます。
1.5ミリでも1種類しか使わないのでOボルトのランナーが今では15枚ぐらいあまってます。
んでこの赤でぶには0.8ミリプラ棒も使ってます。
これは今井氏作例ではポンチで処理してあるディテールです。首元の赤いトコなんかにしてあるヤツかな)
おそらく丸モールドをポンチ処理して塗装で塗り分けてあると思うのですが、(当時はそう思ってましたので)この時自分はポンチは持ってなかったのし、塗り分けもイヤだったのでわざと凸状にしてあとから塗装したプラ棒を入れました。
このやり方をさらにアレンジしたのがプラ棒にポンチ処理したMG自由のヤツですわ。
凹処理でやると「ピンバイスで出来るやん」と突っ込まれたくなかったのであえて凸状にしました。
画像で見えるモノアイ?ですがかなり前にスキヤキさんで売ってたパーツです。
さかつうのヘッドライトパーツみたいな感じでしょうかね。
このパーツに十字のスジ彫りいれようと頑張って彫ってたわけですが、全然滑って彫れませんでした。
硬いなぁと思ってたらガラス的な素材でしたわ。キラキラ感もたっぷりでコレはイケルと思ったんですがさすがに断念しました。
んでHアイズに十字を彫って裏に銀色テープです。
意外にHアイズなんかの小さいパーツに彫るのは難しいです。
センターがあってるかわかりにくいので透明のダイモテープを細切りして貼って彫りました。
透明だとパーツが透けて見えるので彫ってる時、センターがわかりやすいんですわ。
色つきだとなんかセンターがわかりにくいので貼ったあと「ホンマにここでえぇんかいな」と不安になりますからね。
あとは凹ディテールですね。詳しいことはギャラリーのテキストでも見てください。
とにかく1個彫るのに時間かかりました。
でも今年の夏、和歌山で今井氏本人の作業を見ることが出来たので次からは少し早くなりそうです。
(って、次はいつになるんかいな?)
そんなこんなでようやく塗装工程に移っていくわけですが、赤色は悩みましたね。
「赤が勝負や!とにかく発色のいい赤で塗りたい」
これを実現するために悩みましたわ。


...READ MORE

リックディアスのコラボ?


みなさんこんばんわ。夜の騎士です。
すっかり寒くなってきました。自分の部屋は電気ストーブ一つしかありません。
趣味の部屋(ネットやプラモ用)と布団がある部屋は別なので趣味の部屋でオ○ニーするときはチ○ポが寒いです。
寒くてチ○ポも縮んでます。

さて、プラモ話の続きです。
冬コンでウイングガンダム作って間もなく(結果が出るのは2月中ごろですから)模吉・狂くんにあちらの地元であるコンテストに誘われます。
コンテストと言っても名前だけで実際は展示会なんですけどね。
郊外の大型ショッピングセンターの催事場であるイベントでした。
2004年も参加しましたが正義ガンダムの巡業でした。
なので今年は新作出してみよかなとも思いキット選定にかかりました。
にゃにゃ棒さんもFラップさんに来るのに比べれば近いかなと思ったので誘ってみたら快くオッケーの返事をいただきました。
「ほな3人でコラボするか」で決まったのですが問題は何のキットにするかでした。
丁度その時にゃにゃ棒さんがリックディアスを作っていたので自分がFラップさんに行ったときに発売間もないMGリックディアス(赤)を買ってしまいます。
自分の独断で赤ディアスに決定しました。(あの時はにゃにゃ棒さんスマソ)
今回は”ぱてしえさん”(自分のツレ)が黒ディアスのパチ組を持っていたんで今回は貸してもらいました。
んで赤を仮組。
よく出来てましたわ。なんもすることないぐらいに。
画像右は仮組時の記念撮影。左が一通りの表面処理を終えた画像です。
左の画像のFアーマーとヒザアーマーにプラ板使ってます。
FアーマーはHJのサラ―ムさんの記事の指摘通りチ○ポとの間が開きすぎてる感じがしたので内側に貼って若干大型化。
ヒザアーマーは赤になって新規に追加されたパーツですが妙に丸っこいので前面にプラ板貼ってまっすぐにしました。
あとは股間軸の調整です。
リックディアスの脚ってなんか細長い気がしませんか?(特に太もも)
脚を開いた時、足首から股間につながるラインをよく見ると股間軸部分にやたら近づいてる感じがしたので股間軸を外側に延長しました。
あとはなんか脚が長く感じたので股間軸を少し上に移動して短足にしてます。
改修はたったこれだけです。
ここまでは早かったです。
キット購入の日から締切まで45日しかありませんでした。
ただ、一通り表面処理を終えてなんか物足りなさを感じました。
なんかないかなと仕事中に考えてましたね。

んで電撃HMの今井氏の作例がカッコよかったので真似してみようと安易に思いつきました。
自分的にはきちんとしたスジ彫りは初といっていいぐらいですが、少しは新しいことしないと進歩しないと考え、失敗してもえぇわ。
コンテストと違い、展示会やから気軽に挑戦してみました。

ところが軽い気持ちで始めた遊びが苦戦の連続になるわけです。





...READ MORE